スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月14日の高校野球 宮城

2021年7月15日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権宮城大会は7日目の14日、3回戦計6試合があり、第4シードの東陵が仙台三に5―7で逆転負けした。利府は延長十回の末に5―4で仙台南を下した。3回戦の残り4試合は、15日に石巻市民と鹿島台中央の2球場で行われる。

     ◇

 試合が終わり、相手チームの校歌が流れる。ベンチ前に整列した東陵のエース、長峰颯太君(3年)は立ち尽くしていた。スコアボードから目が離せない。5―7。中盤の失点が響いた。チームメートに促されるまで、見つめ続けた。

 4年前の夏。東陵は準決勝で優勝候補の仙台育英とぶつかった。九回に同点に追いつき、延長十五回引き分け再試合。2日間にわたる死闘となった。その試合を球場で見て憧れ、進学を決めた。

 仙台市内の自宅から気仙沼市内の校舎までは100キロ超。寮での生活に慣れず、ホームシックにかかって家族に「つらい」とこぼしたこともあった。

 父の栄司さん(51)は毎週のように練習試合の応援に駆けつけ、夜食用のカップ麺やプロテインなどを差し入れた。けがをしていないか、困っていることはないか。毎日メッセージを送って支えた。返事はいつもそっけなかった。「うん」か「了解」だ。

 試合前夜、「一戦一戦だぞ」と送ったら、返ってきたのはやっぱり「うん」だった。

 この日は立ち上がりから制球に苦しんだ。最速140キロ超の直球が安定せず、毎回のように走者を背負う苦しい展開。調子は悪くないと思っていたのに、なぜか球が高めに浮いた。四回までに7四死球。三塁打を浴びて3点を追加されたところでマウンドを後に託し、中堅に移った。

 最終回。次打者席で素振りをするころには、涙を抑えられなくなっていた。試合後、「悔しいの一言です」と言葉を絞り出した。

 球場脇では栄司さんが待っていた。駆けよって抱きつかずにはいられなかった。「ごめん」と泣き崩れた。栄司さんは背中を優しくさすってくれた。「一生懸命、いいプレーしたぞ」

 勝ち上がって、仙台育英と戦う姿を見せてやりたかった。(近藤咲子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ