スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月14日の高校野球 鳥取

2021年7月15日04時00分 朝日新聞デジタル

 鳥取大会第2日の14日、1回戦2試合があった。米子工が倉吉西を、鳥取東が岩美をそれぞれ破り、2回戦へ進んだ。第1試合では大会第1号となる本塁打が米子工から飛び出した。15日も1回戦2試合が予定されている。

     ◇

 一回表、2死から二塁打と死球で一、二塁の好機を作ると、打席には5番の籔内温仁君(3年)。落ち着いた表情で8球目の直球を振り抜くと、打球は右翼線へ飛び、先制の2点適時三塁打となった。

 春の県大会でチームは準々決勝まで進み、鳥取城北を相手に延長十三回、タイブレークの末に惜敗。籔内君は無安打に終わった。高塚大輝主将(同)にスイングを見てもらうと、「バットが出ていない」。タイミングが遅れる癖を指摘され、この日のためにバットを振り続けてきた。

 三回にも追加の適時打を放ち、「チャンスに打てなかったので、本当にうれしい」。チームは一気に活気づき、五回には田中陸翔君(同)が今大会初の本塁打を放った。田中君は籔内君の活躍に「自分もチームを引っ張らないといけない」と奮起した。

 井畑浩次監督は「初戦の緊張感があったが、籔内がよく打ってくれた。みんなの気持ちがほぐれ、それぞれの力を出してくれた」と笑顔で話した。(大久保直樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ