スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月14日の高校野球 岡山

2021年7月15日04時00分 朝日新聞デジタル

 岡山大会第5日の14日、1回戦7試合があった。岡山芳泉は岡山大安寺の反撃を振り切ったほか、関西や岡山理大付、金光学園などが2回戦へ勝ち進んだ。15日は1回戦3試合と、玉野光南―おかやま山陽など2回戦4試合が予定されている。

     ◇

 岡山大安寺の主将・蒲池勇樹君(3年)は背番号「1」を背負い、どの守備位置でもこなす。この春からはマウンドにも立ってきた。背番号「2」を背負う柴田尚弥君(3年)とバッテリーを入れ替わりながら、もう1人の3年生佐野太紀君と3人でチームを引っ張ってきた。

 14日の岡山芳泉戦の先発は、制球力がある柴田君。蒲池君は「捕手の方が肩の強さを生かせる。チームのためにもなる」とベストな布陣だと思った。

 だが、その柴田君の調子が上がらない。走者をためて適時打を浴び、押し出し四球もあって2回で4失点。森野満監督はここで柴田君を降板させ、三回から1年生の深井一輝君をマウンドに送った。

 流れを変えるため、深井君をどうリードするか。蒲池君は知恵を絞り、こまめにマウンドへ足を運んだ。三回こそ、深井君は二、三塁のピンチを迎えたが、ここを切り抜けると尻上がりに調子を上げた。

 1年生の快投で、試合は徐々に岡山大安寺のペースになった。1点ずつ返し、あと1点に迫った九回。1死三塁で、打席には蒲池君。「期待に応えたい」一心だった。フルスイングしたがバットは空を切った。

 「悔しい。後悔がないと言えばうそになる」と蒲池君。昨秋以降、同級生部員が減った時、柴田君は「何人やめても俺は続ける」と言ってくれた。後輩たちと力を合わせ、勝利まであと一歩に迫ったこの日の経験は大きな宝物となった。(雨宮徹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ