スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月13日の高校野球 岡山

2021年7月14日04時00分 朝日新聞デジタル

 岡山大会第4日の13日、1回戦5試合があった。全5試合が1、2点差と好ゲームが相次いだ。岡山南は4点を追う九回裏に5点を奪い、美作に逆転サヨナラ勝ち。津山東は倉敷青陵との打撃戦を制した。14日は1回戦7試合が予定されている。

      ◇

 リードは4点あった。

 「きっと勝てる。最後まで楽しもう」。九回裏の守りに向かう際、美作の捕手・岩本虎亜(こあ)君(3年)は好投を続ける里見明飛(あきひ)君(同)に声をかけた。

 美作は二回、岩本君の大会第1号となる本塁打で先制。六回には皆木湧太君(3年)が3点本塁打を放った。八回にも1点を加え、勝利は目前にあった。

 だが暑さが蒸し返す倉敷市営球場で、1人で投げてきた里見君に疲れが見え始めていた。

 連打と四球で無死満塁。マウンドに駆け寄り、岩本君はもう一度、「楽しもう」と伝えた。次打者は投ゴロ。捕手から一塁手へとわたり、併殺に仕留めた。あと1人だ――。

 ここからが長かった。

 失策、四球、失策。「これで試合終了」という場面で、ことごとく相手に流れがあった。この回8人目の打者の適時打でとうとう追いつかれた。「慌てずに、ゆっくりやろう」。浮足立つ選手に、自分の声は届いていただろうか。

 なお走者は三塁。里見君は最後の力を振り絞り、ストライクを二つ取った。最後の1球は外角低めの直球。岩本君はこの試合のベストボールだったと言う。

 バットが空を切った。「よしっ」。だがミットにボールはおさまらず、後方に転がっていく。ボールを追い、振り返ると、相手の歓喜の輪ができていた。

 記録は暴投だが、悪い流れを止められなかったのは自分だ、と悔いが残る。勝つことは難しい、と身に染みた。「笑顔いっぱいのいいチームでした」と最後は笑った。(小沢邦男)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ