スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月13日の高校野球 大分

2021年7月14日04時00分 朝日新聞デジタル

 大分大会は13日、別大興産スタジアムで2回戦3試合があった。第3シード大分商は大分鶴崎のエースを攻めあぐね辛勝。大分国際情報は小刻みな加点で佐伯豊南に7回コールド勝ち。第1シード津久見は序盤の集中打などで由布に流れを渡さず、6回コールド勝ちを収めた。

     ◇

 「率直に、やりきったという感じです」。大分鶴崎のエース山下和磨投手(3年)は、シード校・大分商相手の113球を振り返った。9安打されたが「打たれてもゼロに抑えればいいと切り替えながら、粘り強く投げられた」という。

 次いで、感謝の言葉を口にした。「仲間にはこれまで迷惑をかけてきた。最後まで自分のことを信じてくれた。ありがとう」

 力のある直球を武器に、県内の強豪校からも一目置かれる好投手。だが、「自分がチームの柱」という気負いもあり、昨秋までは「味方がエラーしたら態度に出て雰囲気を悪くしてしまい、そのまま負ける試合が多かった」という。

 「変わらなければ」と冬の間に精神面を見つめ直し、練習ではショートダッシュを多く取り入れ、完投できるペース配分を身につけた。心に余裕ができた。

 この日も序盤は動く変化球主体で打たせて取り、終盤まで直球の球威を保った。仲間も快投に応え、1失策で試合を最後まで引き締めた。

 「失投」と認めるのは同点本塁打を浴びた六回の1球。3、4番打者を連続三振に仕留めた直後で「油断があった」といい、内角の直球が少し甘く入った。

 ただ、勝ち越し点を奪われた九回2死二塁の場面に後悔はない。「外角ぎりぎりの直球を要求し、その通りに来た」と長浜光翼(こうすけ)捕手(2年)。山下投手は「うまく拾われた。相手が上だった」と力負けを認めた。

 笛木智監督は「山下はもっと入れ込むかと思っていたが、力が抜けて良い投球ができていた。本当に、本当に成長した、いいチームでした」と健闘をたたえた。(寿柳聡)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ