スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月13日の高校野球 徳島

2021年7月14日04時00分 朝日新聞デジタル

 13日の大会第3日は1回戦2試合が鳴門市のオロナミンC球場であり、城西が今春の県大会8強の板野を破り、初戦突破した。富岡西も徳島市立を下し、2回戦進出を決めた。

     ◇

 「全部リードしたるけん、俺を信じて投げてこい!」

 1点勝ち越したまま迎えた七回裏。板野の主将で捕手の林優君(3年)は、この回から登板した小川翔也君(2年)にマウンドで声をかけた。

 だがこの回、満塁の走者一掃の三塁打などを許して計5失点で逆転され、小川君は降板。相手打線に変化球を狙われた。

 「自分の配球ミス。小川は直球が走っていたのに、自分が弱気になって変化球を投げさせてしまった。自分がもっといいリードをしとけば……」。試合後、林君は泣き崩れた。

 昨秋の県大会前、思うようにボールが投げられない「イップス」に陥って送球ミスに苦しみ、一時期、正捕手から控えに回った。「苦手意識を克服して、自分を信じられるようになろう」。試合の様々な場面を意識しながら黙々と送球練習に打ち込んできた。

 和田哲幸監督は「イップスを克服し、主将として仲間の信頼を得ようと懸命に努力していた」。冬には正捕手に復帰。今春の県大会ではチームを8強へ導いた。

 涙をぬぐった林君は「苦しい場面で自分を信じられるよう、悔いの無い練習に励んでほしい」と、後輩たちに甲子園出場の夢を託した。そんな林君に和田監督は「捕手として4人の投手の持ち味を、主将としてはチームのエネルギーを最大限に引き出してくれた」と賛辞を贈った。(吉田博行)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ