スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月13日の高校野球 宮城

2021年7月14日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権宮城大会は6日目の13日、3回戦計6試合があり、仙台育英と東北がそれぞれ勝ち上がった。聖和学園は東北生文大との投手戦を延長十一回サヨナラでものにしたほか、大崎中央は泉館山に1―4で敗れた。

     ◇

 強力打線を相手に、小柄なエースは一歩も譲らない展開に持ち込んでいた。

 両チーム無得点で迎えた延長十回裏。東北生文大のエース、桜井夢斗(ゆいと)君(3年)は先頭打者に四球を与えても冷静だった。

 2死二塁のピンチを遊ゴロで切り抜けると、ベンチの仲間に「ナイスピッチ」と迎えられた。

 9イニング以上を1人で投げ抜くのは人生で初めて。投球数は150を超えていたが、スタミナも集中力も切れていなかった。

 入部当初は練習について行くのがやっと。スタミナ不足で制球も定まらなかった。「まずは体を作らなきゃ」と走り込みを始めた。

 毎朝6時に学校のグラウンドで1時間半ほどダッシュを続けた。昨秋の大会で惜敗した後には、ダッシュの本数を50に増やした。

 少しでも体を大きくしようと、母まゆみさん(43)が毎朝握ってくれるおにぎり三つを授業の合間に食べた。お気に入りの具はツナでノリは巻かない。入部時点で152センチだった身長は10センチ以上伸びた。

 この日は立ち上がりにいきなり死球を出したが、すぐに調子を取り戻した。直球に伸びがあって、カーブが低めに決まる。「打撃重視」と自負する聖和学園相手に、四回には3連続三振。九回までに10個の三振を奪った。

 最後は高めに浮いた直球を運ばれ、サヨナラ負け。整列前、投げ合った相手エース小林直生君(3年)から「ナイスピッチ」と声をかけられ、「次も頑張って」と握手を交わした。(近藤咲子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ