スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月13日の高校野球 群馬

2021年7月14日04時00分

 群馬大会は第4日の13日、1回戦8試合が行われた。太田工が高崎工との延長戦を制したほか、昨秋8強同士の対戦は高崎商大付が競り勝った。昨秋準優勝の前橋商はコールド負けで姿を消した。14日は上毛新聞敷島球場と高崎城南球場で、残りの1回戦計4試合が行われる。

     ◇

 前橋商の先発、茂田侑大(ゆうだい、3年)が「あの一球がすべてだった」と悔やんだのは、一回表の伊勢崎工の4番打者、石山柊吾(しゅうご、3年)への3球目だった。

 先頭打者に初球を安打された後、犠打や犠飛などで1点先制されて2死走者なし。カウント1―1の後、高めに浮いた球を捉えられ、打球は左翼手の頭上を越える二塁打に。

 その後も中堅から左方向へのバッティングを繰り返され、勢いを止められないまま2回途中で降板した。「追い込んだ後にタイミングを外して打ちとるのが自分の持ち味なのに、決め球が浮いて決まらなかった。力のなさと甘さを感じた」

 昨夏の独自大会でも登板して自信をつけ、背番号1で臨んだ昨秋の県大会は準優勝。3年生16人で結束して頂点をめざした夏だった。「勝利に導けなかったけれど、コロナ禍の中で仲間とやれることは手を抜かずにやりきった。みんなにありがとうと言いたい」(本田直人)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ