スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月13日の高校野球 福岡

2021年7月14日04時00分

 梅雨明けの青空が広がった13日、福岡大会8日目は6球場で14試合があった。3回戦では、香椎が4―3で春の県大会3位の東福岡を破り、柳川は福島に延長12回、劇的な逆転サヨナラ勝ちをおさめた。雨で延びた2回戦2試合は香椎工と福岡第一が勝利し、参加した全135チームが試合を終えた。

     ◇

 9点差に広がった六回裏1死三塁。小倉は相手の次打者2人に進塁させる「申告敬遠」をし、満塁策を採った。「本塁封殺に賭ける」。土井崇正監督の決断に、マウンドの吉川雅崇君(2年)は奮い立った。

 優勝候補の一角、九州国際大付は二回に早くも打線が爆発。小倉は投手交代でしのぐ苦しい展開に。この回、4人目で登板した吉川君は内角をえぐる速球で立ち向かった。三~五回は散発3安打の2失点。4死球を与え、相手ベンチから怒号も浴びたが、ひるむことなく攻めの投球を続けた。

 満塁策を採った次の打者にはボールが三つ先行。捕手が求めた次の球は外角直球。懸命に腕を振って投げ込んだ直球は内角に外れ、コールド負けが決まった。

 「3年生ともっと野球をしたかった」。試合後、そう語った時だけ目元が潤んだ。(遠山武)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ