スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月13日の高校野球 茨城

2021年7月14日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権茨城大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は13日、ノーブルホームスタジアム水戸など5球場で2回戦10試合があった。牛久は第101回大会優勝校の霞ケ浦を相手に延長十回、サヨナラ負けを喫した。シード校の明秀日立、岩瀬日大も3回戦進出を決めた。

 14日は3球場で2回戦6試合がある。

     ◇

 十回裏、無死満塁、3ボール2ストライク。

 牛久の平山龍太郎投手(3年)はここまで、1人でマウンドを守り、一歩も引かない投球を見せていた。

 牛久は、一昨年の夏に甲子園に出場した霞ケ浦を相手に互角の戦いを繰り広げた。安打数は上回り、2―2のまま延長戦に入った。

 「1回戦は本調子とは言えず、みんなに迷惑をかけてしまった」。この日は強くスピンがかかった直球や、キレの戻ったスライダーを武器に、強打線に立ち向かった。

 春ごろ体重を5キロほど増やし、球威が上がった。直球は常時130キロ台が出せるようになり、変化球のキレも増した。「以前なら変化球を投げる場面でも、今日は直球で押していけた」と振り返る。

 再三のピンチにはマウンドに内野陣が集まった。そのつどベンチから伝令に走る背番号13の村下悠人主将(3年)が笑顔で「今が楽しいぞ」と声をかけ、緊張をほぐしてくれた。

 十回裏、ここで1点失えば試合が終わる。捕手の山村恭平君(3年)がマウンドに駆け寄り、「ここは強気で来い」と励ます。平山君も、そのつもりだった。

 125球目。

 投げたスライダーは左打者に併殺打を打たせる狙いもあったが、捕手の直前でバウンドした。サヨナラの押し出し四球になった。

 試合後、涙がとまらなかった。それでも前を向いて言った。「渾身(こんしん)の一球でした。納得して投げたので悔いはありません」(谷口哲雄)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ