スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月13日の高校野球 愛媛

2021年7月14日04時00分

 第103回全国高校野球選手権愛媛大会は13日、1回戦6試合があった。昨夏の独自大会は不出場だった松山西、松山東、南宇和が登場し、いずれも1点差の熱戦を繰り広げた。14日は西条市ひうち球場と今治市営球場で、1回戦計5試合がある。

     ◇

 7―7で迎えた九回裏1死三塁。2人を敬遠して「満塁策」を取った松山西のエース宮竹祐也投手(3年)に、焦りはなかった。「今まで押し出しはしたことがない。抑えられる」

 しかし、3ボール1ストライクから投じた144球目。真ん中から外寄りをねらった直球が、外れた。サヨナラ押し出し。マウンド上で動けなかった。

 昨夏の独自大会、チームは不出場。去年の3年生たちが悩み抜いて決断したことだった。「進学のために決めたこと。僕が何か言えることじゃない」

 自らも「文武両道」にこだわってきた。午後7時に練習が終わると、自宅で夜9時から日付が変わるまで勉強した。ただ、野球の結果は「まだまだ」だった。

 「1個上の先輩の分も、勝ちにこだわりたい」。コロナ禍で部活動が制限されていた今春、バッテリーを組む浜田健捕手(3年)と朝練に励んだ。筋トレ、ティー打撃、坂道ダッシュ。阿部博文監督が「練習も一生懸命。一番伸びた」と認めるエースとして、夏の大会を迎えた。

 ただ、この日は立ち上がりから直球が走らず、四死球を連発。木戸祐太選手(3年)の3点本塁打など打線の援護を受け、仲間の守りにも助けられてピンチをしのいだ。辛抱して投げるうち直球の伸びは戻ってきたが、終盤、4点差をひっくり返された。

 中高一貫の6年間の集大成として臨んだ、最後の夏。後期課程で野球部を離れた同級生も「助っ人」としてベンチ入りしていた。

 「みんないいプレーをしてくれたのに、自分がふがいなかった。感謝と申し訳なさでいっぱい」。試合後、うるんだ目でくり返した。6年間、人一倍努力を積み重ねたぶん、悔しさがあふれ出た。(照井琢見)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ