スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月13日の高校野球 三重

2021年7月14日04時00分 朝日新聞デジタル

 三重大会は13日、雨天のため順延や再試合となった1回戦5試合があった。昨夏の独自大会覇者のいなべ総合は、青山を相手に五回コールド勝ちを収めた。引き分け再試合となった四日市と白子の試合は、接戦の末に四日市が制した。これで1回戦はすべて終わり、17日から2回戦が始まる。

     ◇

 12日に延長十回表降雨コールドで引き分けになった四日市と白子が、再試合でも激闘を演じた。

 「よっしゃー」

 白子の4番打者、内田響君(3年)は八回裏2死で打席に立ったとき、大きな声で自分を鼓舞した。

 前日の試合では高めに浮いた球をしっかりとらえ、4打数4安打の好成績を収めていた。「昨日は打てたが、きょうは対策されているかもしれない」。苦手意識のあった外角低めの球に対応できるよう、朝早くから仲間の部員に低めの球をテンポ良く投げてもらい、万全を期していた。

 四日市には2点のリードを許していた。「何が何でも塁に出よう」。そう言い聞かせて臨んだ2球目。投げられたストレートが外角低めに来た。

 フルスイングすると、少し詰まった音が響き、打球は内野を越えて右前へ。この安打をきっかけに打線がつながり、この回に一挙3得点。逆転に成功した。

 しかし、四日市打線も黙っていない。九回表には足を絡めた攻撃で再逆転。1点差で試合は幕を閉じ、白子の夏が終わった。

 「最後まで頑張ったので悔いはありません」。内田君はすがすがしい気持ちで球場を後にした。(岡田真実)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ