スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月13日の高校野球 香川

2021年7月14日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権香川大会は4日目の13日、丸亀市のレクザムBP丸亀で2回戦3試合があった。高松東と尽誠学園がコールド勝ちで3回戦へと駒を進めた。14日は1試合の日程変更があり、高松市のレクザムスタジアムで2回戦2試合がある。

     ◇

 頭は冷静だった。一回、連続四球を与えてピンチを招いた善通寺一のエース吉岡優成君(3年)は、天候不良でノーゲームとなった前日を思い出していた。

 一回に2点失い、三回に同点に追いついたところで試合の延期が決まったが、追う展開の厳しさを感じていた。「自分たちが先制できれば」。そのためには自分が点を与えなければいい。変化球を投げた後の直球が高めに浮く課題を修正して、この試合に臨んだ。

 2死一、二塁。前日に適時打を浴びた5番打者を詰まらせた打球は、吉岡君の前に転がり、不運な内野安打になったが、三塁を回っていた二塁走者を見逃さなかった。挟殺プレーに持ち込み、ピンチを脱した。

 エースになったのは昨冬。広田昭夫監督が吉岡君の球の伸びと、打者から出どころの見にくい投球フォームから指名した。

 投手は初めての経験で、動画サイトで投球術を学んだ。1年足らずでカーブやチェンジアップ、フォークなどの変化球も習得し、この夏に挑んだ。

 試合には敗れたものの、チームは初めて9イニングを戦い抜いた。秋、春とも県大会初戦でコールド負けをしていた。九回の最後の攻撃でも吉岡君はベンチでほほえみ続けた。

 理由は後輩たちの姿。「なんとか次につなごうと、必死に打席に立っているのを見てうれしかった。来年、再来年はやってくれると思います」(谷瞳児)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ