スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

長野大会はきょう4回戦、16強激突 長野

2021年7月14日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権長野大会(県高野連、朝日新聞社主催)は14日、4回戦が4球場であり、16強が激突する。公立と私立で8チームずつが進出。Aシードの8チームは全て勝ち進んだ。

 春の県大会優勝の松商学園は2、3回戦をコールド勝ち。渡辺創、栗原、今井を中心に高い投手力を誇る。打線も宮下や斎藤らに長打力がある。対する松本第一も2、3回戦をともに無失点で勝ち進んできた。

 東京都市大塩尻の機動力と守備力は屈指。得点機も逃さない。2枚の2年生投手にも注目だ。ウェルネス長野のエース広瀬は気迫の投球を見せる。

 今春の選抜大会に出場した上田西はエース左腕の山口が盤石。救援した上田千曲戦では、相手に傾きかけていた流れを断ち切る5者連続三振で、勝利に貢献した。長野西は3回戦で渡利が好投、接戦を制した。

 佐久平総合技術は初の16強入り。中堅手の中島は打力と守備力を併せ持つ。機動力のある長野日大に挑む。

 継投がカギになりそうなのは県営上田の2試合だ。佐久長聖は清水や良元ら中軸が大車輪の活躍。重量打線の長野工を迎え撃つ。

 公立対決となる上田染谷丘と小諸商は、実力伯仲の様相だ。

 高遠は飯田OIDE長姫を相手に接戦になりそう。

 岡谷南は3回戦で復調した打撃力を見せられるか。松本国際は劇的なサヨナラ勝利で駒を進めており、勝負強さをみせている。(高億翔)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ