スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月13日の高校野球 富山

2021年7月14日04時00分 朝日新聞デジタル

 富山大会は13日、県営富山野球場で1回戦の残り2試合が行われた。氷見が富山、国際大付が富山中部をそれぞれ破り、勝ち進んだ。17日には4球場で2回戦8試合が予定され、第1シードの高岡商や高岡第一などシード8校が登場する。

     ◇

 二回表、富山の主将・山下恒希君(3年)は、気合を入れて第1打席に入った。「チームを勢いづけたい」。対戦相手の氷見には、昨夏の独自大会の初戦で敗れている。

 一回表の攻撃は三者凡退。4番である自分のバットで、試合の流れをつかみたかった。長打力が持ち味だが、コンパクトに振り抜くと打球は中前へ。チーム初安打となり、その後は先制の本塁も踏んだ。

 2年から中心選手として活躍。新チームになった時、投票で主将に選ばれた。「自分がやらないといけない」。不安はあったが、チームを引っ張っていく決心をした。昨秋の県大会では新湊にサヨナラ負け。「一人一人が自分の役割を果たそう」。チームメートに呼び掛け、新たな思いで夏の大会に臨んだ。

 この日は三回裏、大量点を奪われる苦しい展開に。「後半、逆転できる」。ベンチでみんなを励まし続けた。そんな主将にチームメートが応える。継投した室田健介君(2年)が五回裏を無失点に抑えると、六回表に2死から2点を返す。山下君も七回表に3本目の安打を放ち、バットでチームを引っ張った。

 だが、勝利には届かなかった。沢田利浩監督は「劣勢でも最後までみんなを引っ張ってくれた」とねぎらった。山下君は「至らない主将だったと思うが、みんなのお陰でここまでこられた」とチームメートへの感謝を口にした。(井潟克弘)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ