スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 熊本

2021年7月13日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権熊本大会(熊本県高野連、朝日新聞社主催)が11日、幕を開けた。リブワーク藤崎台で開始式があり、12日まで1回戦計11試合があり、鎮西の中軸から大会初の本塁打も出た。曇り空の球場は熱気に包まれた。

     ◇

 初回に11点を奪われ、大差をつけられていた。三回表。牛深は先頭から2者凡退した後、相手の猛打を浴びながらもマウンドを守る主戦の吉浦が、チーム初めての安打で出塁した。主将の川下重成(3年)に打席が回ってきた。

 「自分がつなぐ」。両手でバットを強く握りしめ、腰を深く下げた。

 ベンチの荒木健一監督は吉浦に盗塁のサインを出していた。「ファウルを続けたらエースが疲れてしまう。なんとかミートしなければ」。追い込まれた後の7球目は直球だった。バットを振り抜き、三遊間の内野安打になった。二塁へ進んだ吉浦は、川下に向かってガッツポーズをした。後続は断たれたが、牛深のスタンドは、この日一番の盛り上がりを見せた。

 荒木監督によると、部員はみな天草市牛深地区の出身。中学時代から互いを知り、部活動以外でも多くの時間を共に過ごしてきた。「仲がいいからこそチームをまとめるのが大変だった」と川下。何でも言い合える関係だから、意見がぶつかることがある。プレーでチームを引っ張ることを意識してきた。窮地に立っても、勝つための一手を考え続ける。この日も「あきらめることは一切考えなかった」。

 荒木監督は「控えめな性格だったが、主将になって本当に頼もしく成長した」と語る。試合後に川下は言った。「大差で負けたけど、悔しい負け方をしていない。自分たちの野球はできた」(屋代良樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ