スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 広島

2021年7月13日04時00分 朝日新聞デジタル

 広島大会は11日、1回戦10試合が5球場であった。そのうち8試合はコールドゲームだった。昨年の独自大会で4強の高陽東は、2投手の無失点リレーで八回コールド勝ちを収めた。12日には1回戦2試合が2球場で行われた。悪天候のため、三次きんさいスタジアムの2試合と、県総合グランド野球場、東広島アクアスタジアムの各1試合の計4試合が中止となり、いずれも13日に順延となった。

 広島市西区の県総合グランド野球場では、第1試合の八回裏、2死一、二塁の場面で雷が鳴り始め、約2時間試合が中断した。雨も強まり、選手たちはベンチで待機しながら雲行きを見守った。再開した直後に、大竹の中原常君が適時打を放ち、三次青陵を破った。

 東広島市の東広島アクアスタジアムでは、第2試合の開始直前に雷鳴が響いた。ノックも終えていた安芸府中と海田の選手たちはベンチで待機していたが、次第に雨が本降りになると、心配そうにグラウンドを見つめた。(三宅梨紗子、宮城奈々)

     ◇

 「楽しくやりきる」。そう目標を掲げて臨んだ夏の大会だった。5点差をつけられた八回裏。これ以上点を与えられない緊迫した場面でも、捕手の山田星那(せな)君(3年)を中心にマウンドに集まった忠海の選手たちは笑顔だった。

 この回途中まで投手として登板していた山田君は、後輩の前田侍道(しどう)君(2年)にマウンドを譲った。表情が硬い前田君のもとに駆け寄り、「朝ご飯何食べた?」と話しかけた。前田君は「今こんな話する?」と驚きながらも「チョコスティックパン」と答えた。「どんな結果でも楽しくやろうや」。山田君の言葉で緊張がふっと緩んだ。

 コロナ禍で練習試合ができなかった。大会直前、地元の竹原市は記録的な大雨に見舞われ、最後の練習も満足にできなかった。

 15人の選手は支え合いながらここまできた。最後の一球まで、全員で声を張り続けたベンチには、マネジャーが青と黄色の折り鶴をつなげてつくった「絆」の文字があった。チームはコールド負けしたが、「みんなで最後まで戦えて楽しかった」。笑顔で球場をあとにした。(三宅梨紗子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ