スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 群馬

2021年7月13日04時00分

 群馬大会は11、12の両日で1回戦計12試合が行われた。11日は前橋東と市太田のシード2校が姿を消した。シードの健大高崎と高崎商はコールド発進。試合途中の降雨により、8試合予定されていたうちの3試合がノーゲームとなった。12日は、この3試合を含む計7試合が行われ、4年ぶりに単独出場した富岡実が延長戦を制し、沼田は6点差を逆転するなど熱戦が繰り広げられた。

     ◇

 2日にわたる激しい戦いを制し、今夏4年ぶりに単独出場を果たした富岡実が1勝をもぎ取った。

 青空の下で始まった試合は、延長に突入した直後に激しい雨のため中断。2時間後に再開したが、富岡実と前橋南は互いに無得点のまま十一回を迎えた。

 1死から清野悠仁(1年)が二塁打で出塁。2死二、三塁となり、岡野瞬(3年)は無心で打席に入った。2球目のアウトコースの直球をたたくと、打球は左翼手を越え2人の走者が生還。均衡が破れた。「後輩がつないでくれたから、何とかしたかった」

 その裏。雨が降る中、先発の桐生琉衣(3年)がマウンドへ。守備につく仲間から「うしろは任せろ」との声を受けながら、この2点を守り抜いた。

 前日の試合は六回途中で降雨ノーゲームに。桐生は前日85球を投げ疲労が残っていた。最速140キロ近い直球を持つが、この日は120キロ台前半がやっと。打たせて取る投球に努め、143球、被安打5の熱投を見せた。試合終了の瞬間は「終わった、ほっとした、それだけだった」。

 夏の大会で富岡実の校歌が響くのは5年ぶりだ。今の3年生にとって、最初で最後の単独出場。飯塚龍志主将(3年)は「前向きになる言葉しかきょうは出さなかった。頑張ってきてよかった」と胸を張った。(中村瞬)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ