スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月12日の高校野球 新潟

2021年7月13日04時00分

 第103回全国高校野球選手権新潟大会は12日、2球場での1回戦4試合が行われた。前日に続き、2球場の4試合が雨天順延となった。昨夏の独自大会4強の村上桜ケ丘が古豪・新潟南を破った。13日は4球場で1、2回戦10試合がある。

     ◇

 5点を追う七回表2死一、二塁。新潟南の橋本龍征(3年)が初球の外角直球を捉えると、打球は右中間へ。50メートル6秒3の自慢の俊足を飛ばし、一気に二塁を蹴り三塁に滑り込んだ。走者を一掃する三塁打となった。ガッツポーズ一つせず、表情も変わらない。次打者の双子の兄・英征(同)につなごうと振り抜いた。「初球は甘くくるはず」との予想が的中した。

 チーム1の打率を誇る2番打者。攻撃の中心と期待されていたが、この日は得点につなげられていなかった。三回、中前安打で出塁したが、二盗に失敗。先頭打者の六回は4球で三振に倒れた。終盤まで「得点が入らないのは自分のせい」と感じていた。

 県内有数の進学校だが、甲子園出場経験もある古豪。2018年秋には県大会で準優勝。当時、中学3年だったいまの3年生には、その影響で入学した部員も少なくない。勉強が忙しい時もあったが、中学時代からの日課である素振りは欠かさなかった。学校での練習を終えた後、自宅前で英征と1時間振り続けることもあった。

 甲子園を目標に掲げるチームにとって、昨夏の独自大会4強の村上桜ケ丘は相手に不足はなかった。長島史明監督は「力負けではなく、紙一重の試合だった。3年生は本当によく頑張った」とたたえた。

 龍征は「良い野球が出来た。でも、やっぱり悔しさも……」と淡々と話した。(小川聡仁)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ