スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 兵庫

2021年7月13日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権兵庫大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の第5、6日は11、12日、1、2回戦計23試合があった。12日に予定されていた試合のうち、9試合が雨のため中止になった。

 シード校が登場し、春季県大会32強の第2シード校のうち、姫路工が3―9で兵庫工に敗れた。13日は7球場で14試合が予定されている。

     ◇

 1点リードの四回裏、1死一、三塁。内野ゴロが転がった。

 尼崎稲園の三塁コーチャー笹村慎司君(2年)は即座に、左手を大きく回す。捕球した二塁手は本塁に送球できず、打者をアウトにするだけ。「よっしゃー」。追加点にベンチは沸いた。

 笹村君は、走塁に専念する「代走のスペシャリスト」。足がとりわけ速いわけではない。でも、走り出すタイミングの判断力を磨いてきた。それが生きた場面だ。「球がバットに当たった瞬間に三塁から走り出す練習を思い出した。『ゴロだ、行くぞ』って必死に回した」

 スペシャリストには、訳がある。生まれつき右目は、ほとんど見えない。

 野球は小学3年で始めたが、高校になると打球のパワーも球速も上がり、「球に目が追いつかない」。1年秋、捕球しそこねた打球が左目の下に当たった。

 球が怖くなった。

 「プレーはやめようと思う」。当時の監督に申し出た。学生コーチやマネジャーへの転向を考えていた。しかし、監督の考えは違った。「選手として残って欲しい。守備は怖くても、走塁だけならどうだ」

 「走塁だけ?」。戸惑った。でも、うれしかった。その日から守備の練習時はノック打ちなどに徹し、走塁の練習に励んだ。

 この日は代走のチャンスはなかったが、判断力が買われて三塁コーチャーに。ベンチから「慎司、回せよー」の声が響いた。「声をかけてもらうとグラウンドにいる高揚感があった。『選手やめなくてよかったな』って」。次戦は自分の足で本塁を狙う。(西田有里)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ