スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 佐賀

2021年7月13日04時00分 朝日新聞デジタル

 佐賀大会(朝日新聞社、県高野連主催)は12日、佐賀市のさがみどりの森球場で1回戦3試合があり、伊万里、武雄、致遠館が勝ち進んだ。11日には前日の雨天で順延となった試合で龍谷が唐津南に逆転勝ち。13日も同球場で1回戦の残り1試合と2回戦2試合がある。

     ◇

 11日の第1試合、敗れた後、スタンドへのあいさつを終えた唐津南の選手の中で一人、主将の有吉勇人はグラウンドにひざをついて泣いた。仲間に支えられ、ベンチに引きあげた。

 昨秋、新チームになってまもなく職員室に呼ばれ、当時の監督から「今日からキャプテンだ」と告げられた。「俺にできるのか」。練習に臨む姿をみせることでチームを引っ張ろうと思った。仲が良いのがモットーの新チームで、練習で人一倍声を出し、打撃練習でミスをした選手に厳しい言葉をかけたこともある。

 対戦した龍谷は、今春の県大会でサヨナラ勝ちを収めた相手だった。甲子園出場経験もあり、昨年の独自大会で県大会優勝も果たした強豪校からの勝利に、チームや有吉は自信を深めた。「守り抜き、少ない好機を生かす野球。それができれば勝てる」

 この日は、初回に先制されても二回に逆転し、五回に追いつかれるシーソーゲームの試合展開。八回、2―2の同点から1点を勝ち越され、なお二、三塁に走者を背負う場面で、「力むな」「バックにみんながいるぞ」。守備位置の三塁からマウンドの2年生投手、麻生祐希に向かい声を張り上げた。2死から自らの左前に飛んできた打球を、バウンドにあわせて腕を伸ばして捕球し、軽いステップで一塁に送球。アウトのコールの瞬間、右手で小さくガッツポーズをした。

 1点を追う最終回。「打てー」とベンチから叫んだ。1死から主軸が二塁打を放つと涙が出た。「まだ終わっていない。最後のアウトのコールまであきらめない」。声はさらに大きくなったが、後続の打線は断たれた。

 「最後まであきらめず、気持ちで負けないという思いは次に残る」。球場の外で、そう語った表情に涙はなかった。=敬称略(大村久)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ