スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 埼玉

2021年7月13日04時00分

 第103回全国高校野球選手権埼玉大会は降雨のため11日の5試合が12日と13日に順延され、11日と12日で2回戦41試合が行われた。11日は春の県大会優勝の浦和学院が聖望学園にコールド勝ち。昨夏の独自大会を制した狭山ケ丘は昨秋県大会準優勝の細田学園に敗れた。12日は、昨秋優勝し春も4強入りした昌平、同じく春4強の上尾などが勝ち上がった。13日も9球場で2回戦23試合が行われる予定だ。

     ◇

 「平日も毎日一緒に練習しているメンバーで最後の公式戦に出られた。それだけで本当にうれしい」。三郷の浅井柊麻主将(3年)にとって、単独チームで戦う最初で最後の夏だった。

 「平日も」と言ったのにはわけがある。一つ上の先輩はおらず、長らく野球部員は今の3年生の、浅井主将、鈴木晴也選手、加藤崚元選手の3人のみ。公式戦には連合チームで出たが、実際に集まって練習できる日は限られ、「試合のメンバーには休日にしか会えない」が当たり前。平日は各自が打撃練習をしたり、各ポジションで黙々とノックを受けたり、「ほぼ個人練習みたいなもの」だった。

 だからこそ、平日も共に練習しているメンバーで公式戦に出られるのは新鮮だった。「3人が頑張る姿を見て下級生も入部してくれたんです」と平賀航監督も目を細める。

 「ここで終わりたくないよな」「せっかく単独で出られるんだから長くやりたいよな」。試合前、3人でそう話した。のびのびしていた下級生に対し、浅井主将が「僕ら3人はアップからガチガチに緊張していた」と笑ったのも思い入れが強かったからだろうか。

 浅井主将の2打席は、三振と右飛。マシンで川口市立のエースの直球対策をしていたが、相手が上だった。「できることは全てやって、念願の単独チームで最後の夏を終えられた。悔いはありません」

=県営大宮(黒田早織)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ