スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 山梨

2021年7月13日04時00分 朝日新聞デジタル

 飛び上がって駆け寄る選手たち。うなだれる投手。12日は2試合でサヨナラ本塁打が飛び出した。夏は何が起こるか分からない。強豪校やシード校が追い込まれる場面や、点差の開く試合もあったが、どのチームも最後まであきらめず心を一つにして戦い抜いた。

     ◇

 五回まで被安打3で零封。甲子園常連の山梨学院を相手に、上々の出来だった。初回には自ら中前安打を放って先制点をあげてリード。五回の後のグラウンド整備の合間、気合を入れた。

 しかし、六回に入る前に投球練習をすると、両手と右ふくらはぎがけいれんした。審判に伝え、マウンドを降りた。後は奥村晃雅投手(3年)に託した。

 「ピンチになったらよろしく」。試合前、こんな声をかけていた。インコースを攻めて勝負をする自分に対して、奥村投手は変化球で振らせる投球を持ち味とする。二枚看板でチームを引っ張ってきた。「後ろに(奥村投手が)いてくれると安心して思い切って自分の投球ができた」

 山梨学院は、どうしても勝ちたい相手だった。一昨年夏、秋、今春と敗れ続けたが、今春の県大会では1点差の接戦を演じて惜敗。勝利への手応えを持って臨んだ試合だった。

 ただ、後半はリズムに乗れなかった。逆に地力に勝る山梨学院が一気に攻め込み、試合を決めた。

 これで夏の大会は終わったが、奥村投手は3年間同じクラスの大切な友人だ。試合後、「今までありがとう。野球以外でもこれからもよろしく」。二枚看板はこれからも続く。(玉木祥子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ