スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 福岡

2021年7月13日04時00分

 福岡大会は7日目の12日、3回戦が始まり、福岡大大濠、九産大九産、北筑、筑陽学園のシード4校を含む8校が4回戦進出を決めた。2回戦は11、12両日に計18試合があり、残り2試合に。雨でノーゲームになった香椎工―武蔵台と、中止の浮羽工―福岡第一が13日に持ち越された。

     ◇

 6点リードされて迎えた九回表。博多の攻撃は6番打者・梅木啓斗君(2年)から始まった。福岡大大濠の投手は七、八回をそれぞれ打者三人で抑え、調子を上げていたが、「直球ならば打てそうだ」と、狙いを絞った。4球目、内角に来た直球にうまくバットを合わせて左前に。この試合で2本目の安打となった。

 だが後続を抑えられ、無得点のまま敗れた。

 好機を逃さない打撃、打球をさばく姿勢や送球の速さと正確さ。選抜大会8強の福岡大大濠は、基礎がしっかりしていると感じた。

 「経験したことのない速さで怖かった」。三塁の守備では強烈な打球に何度も襲われたが、ひるむことなく打球をさばき、自慢の強肩でアウトにした。自分たちも基礎を磨き上げ、来夏は強豪にも勝てるチームに。2本の安打の感触とともに、新しい目標を胸に刻んだ。(吉田啓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ