スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 香川

2021年7月13日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権香川大会2、3日目の11、12日、高松市のレクザムスタジアムと丸亀市のレクザムBP丸亀で1、2回戦計7試合があった。11日はシード4校が登場し、丸亀城西が高松中央に敗れたが、英明、高松商、藤井はいずれもコールドで初戦を突破した。13日は雨で延期となった善通寺一―香川中央を含め、丸亀で2回戦3試合が予定されている。

     ◇

 点差は10点。それでも最後まで集中は切らさない。コールド負けが迫る七回、高松の4番民谷孔一君(3年)は、先頭打者として打席に入る前、この回から救援登板する相手投手の投球練習をじっと見つめた。「制球はそこまで安定していない」

 4球待って、3ボール1ストライクと打者有利のカウントに持ち込んだ。5球目、狙いを定めていた外角直球をとらえ、右前に運んだ。自然にバットが出た。

 野球生活はけがとの闘いだった。中学で硬式野球を始め、投手になったが、3年の時に肩を痛めた。高校でも痛みを引きずっていたが「入学してすぐ、けがとは言いたくなかった」。隠して投げ続けた結果、3カ月で限界に。病院に行くと、肩関節の軟骨がはがれていた。「ここで野球をやめたくない」と、手術に踏み切った。

 その後も思うような練習はできず、外野手に転向した。1年間はリハビリしながら打撃練習に専念。送球はできないままで、代打で試合に出るしかなかった。

 石田茂登監督は、その努力を買った。昨秋からの新チームで主将と4番を任せた。「彼ほど真摯に野球に向き合った選手はいない」。打てなくても、打順を替えなかった。

 監督の期待になんとか応えようと、民谷君は外角球を打ち返す練習を重ねた。高校最後の打席で、ようやくその成果が出た。「続けてよかった」。3年間の公式戦で唯一の安打だった。(谷瞳児)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ