スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 宮城

2021年7月13日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権宮城大会は11日と12日に2回戦の計17試合があった。第5シードの日本ウェルネスは0―1で東北学院榴ケ岡に競り負けた。松島は終盤で勝ち越しに成功し、宮城工を下した。13日から3回戦が始まり、石巻市民と鹿島台中央で計6試合がある。

     ◇

 2点差で迎えた九回表。1死二塁のピンチで、この回、2度目のタイムだ。佐沼のエース佐々木歩夢(あゆむ)君(3年)は仲間に肩をたたかれ、気合を入れ直した。

 ファウルで粘られても諦めない。打者2人を続けて打ち取り、「よっしゃ!」と声を張り上げた。

 攻撃に弾みが出たベンチには、控え投手の三浦翔馬(とうま)君(3年)がいた。入部当初から2人で動画を撮って投球を磨き、エースナンバーを争ってきたライバルだ。今春、ヘルニアで1カ月半ほど投げられなくなった。痛み止めを飲んで調整を続け、今大会で背番号10を手にしていた。

 試合前のベンチで、「絶対つなげるからな」と告げた。守らなければいけない約束だ。三浦君は笑顔を返した。

 試合は先行しながらも、守備の乱れで逆転を許す展開。1人で104球を投げきり、九回裏に1点差まで迫ったが届かなかった。

 球場脇で涙ながらに「投げさせられなくてごめんな」と謝ると、目を真っ赤にした三浦君は「ナイスピ(ッチ)だったよ!」とまた笑顔だった。

 試合後、学校で3イニングだけの引退試合を開いた。投げ抜いた三浦君に「ナイスピだったよ」と返し、ユニホームを交換した。(近藤咲子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ