スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 山形

2021年7月13日04時00分

 第103回全国高校野球選手権山形大会は11、12日、3会場で6試合があり、日大山形、羽黒など有力校が勝ち進んだ。春の甲子園に出場経験のある酒田東は2回戦で敗退。秋からは部員5人で再出発する。16強が出そろい、15日からは3回戦が始まる。

     ◇

 三回裏1死。4番打者に2点適時打を打たれ、新庄東の高橋朋也投手(3年)は動揺していた。直後、2者連続で四球を出すと満塁のピンチ。山形南のベンチからは「ピッチャーバテてるぞ!」などと声がとぶ。

 捕手の高橋琉汰君(3年)が駆け寄る。2人は、中学時代は別のチームにいて、お互いをライバルとして意識していた。共に新庄東に進み、1年生の秋にバッテリーを組んだ。強気な投球が持ち味の朋也君が、珍しく気弱になっている。

 琉汰君は、キャッチャーミットを低く構えるしぐさをして「ここ目がけて投げろ」と、短く朋也君に伝えた。それだけで十分だ。

 朋也君は、見慣れた赤いキャッチャーミットを、改めて見つめた。不思議と、こわばる力が抜けてゆく。相手ベンチからの声も気にならなくなっていた。

 直球。カーブ。スライダー。持てる球種を駆使し、無我夢中で投げた。2者連続三振に切って取り、ピンチを切り抜けた。

 「よっしゃあ!」

 試合には負けた。就職する2人は、野球をやめる。朋也君は「最高のバッテリーでした。ありがとうと伝えたい」と涙声。琉汰君も「感謝しかないっす」と、お互いをたたえ合った。(福岡龍一郎)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ