スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 徳島

2021年7月13日04時00分 朝日新聞デジタル

 11日の大会第2日は1回戦3試合が鳴門市のオロナミンC球場であり、徳島北、城東、鳴門渦潮の3校が初戦突破した。12日に予定されていた城西―板野の1試合は、雷雨のため13日に順延された。

     ◇

 「結果を気にせず、思い切り振ってこい」。2点を追う九回裏2死一、二塁。次打者席の川島の主将・庄司悠斗君(3年)は、打席の2番打者・高木真夫君(2年)に声をかけた。

 高木君が振り抜いた打球は、相手遊撃手のグラブに捉えられ、一塁走者が二塁でアウトになり試合終了。「もう一度、打席が回ってこい」との庄司君の願いはかなわなかった。

 「今のチームで一番伸びたのが庄司だった」。山根浩明監督はそう振り返る。「入部した頃は、打球が内野の黒土を越えたことがなかった。それが3年間の努力で本塁打を打てるようになった。見えないところでの彼の努力を感じた」

 毎日、毎日、数も思い出せないほど素振りするなど打撃の向上に取り組んだ。昨秋の県大会まで打順は1番だったが、その後の練習試合から3番を任されるようになった。

 庄司君はこの日も中軸として打席に立ったが、バットで快音を響かせることはできなかった。だが、主将として声を出し続け、チームを鼓舞した。「3年間、野球のことばかり考えて過ごしてきた仲間たちと、もっと野球をやりたかった」。試合後、涙をこらえながら声を絞り出した。(吉田博行)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ