スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 三重

2021年7月13日04時00分 朝日新聞デジタル

 三重大会は11、12日の2日間に、1回戦16試合があった。12日は雨天のため、4試合が順延、白子―四日市は延長十回表で降雨コールド、引き分け再試合となった。13日は四日市市営霞ケ浦とダイムスタジアム伊勢の2球場で、順延した4試合と再試合の計5試合が予定されている。

     ◇

 昴学園は4点を追う三回に、2死一、三塁から岡本一芯君(2年)の適時三塁打で2点をかえした。このとき、ベンチは大いにわいた。主将の鈴木陸斗君(3年)は「ベンチの中はこれまでで一番いい雰囲気だった」と振り返る。

 昴学園、南伊勢ともにこぢんまりとしたチームで、監督が同じ大学の同級生ということで、これまでに練習試合を重ねてきた。互いの手の内や選手の特徴はよく分かっている。

 鈴木君は六回に2死三塁で打席が回ってきたが、バットは空を切った。八回は2死一塁から左前安打を放ち、チャンスを広げた。だが、後続が打ち取られ、コールド負けを喫した。

 「地元(大台町)の人たちに支えられた選手同士仲の良いチーム。来年はもっと強くなってほしい」。そう言って球場を後にした。(菊地洋行)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ