スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 大分

2021年7月13日04時00分 朝日新聞デジタル

 大分大会は11、12日に、別大興産スタジアムで、それぞれ2回戦3試合があった。11日は、春の選抜準優勝の明豊が、苦しみながら大分雄城台に逆転勝ち。大分工は、13安打を浴びせ別府翔青を破った。柳ケ浦は三重総合との接戦を制した。12日は、日田林工が1点差で宇佐を破った。藤蔭は、投打とも安定し大分豊府にコールド勝ち。情報科学は大会初の延長戦で竹田にサヨナラ勝ちを収めた。

     ◇

 「おぼえちょんか?」。一回裏1死三塁で打席に立った宇佐の松木聡汰選手(3年)は三塁走者の塩崎陽也選手(同)に目線を送った。「1死三塁の場面ではセーフティースクイズ」と2人の間で決め、練習試合で試みていた。ただ、成功したことはなかった。

 監督はノーサインだが、目が合った塩崎選手は「あるな、と思った」。松木選手は「初球は様子見で、伝わっているか確認した」という。塩崎選手の表情で「大丈夫」と感じ、2球目で決行。自身はアウトになったが、塩崎選手は先取点のホームに滑り込んだ。「2人は野球観がしっかりしているので任せていた」と松平伊織監督。

 松木選手は遊撃手としては内外野に指示を出し、「打たせて取る」投手陣を支援。相手は三回以降7安打を放ったが追加点を許さなかった。松平監督は「松木は守備が乱れかけても一人冷静に指示を出せるゲームメーカー」と評価する。

 4度打席に立ち、2犠打、1四球、最後はライトフライ。「打てなかったのは残念」と言いつつ、「チームのため」に徹した充実感が顔ににじんだ。ロボット分野のエンジニアを目指し進学に心を切り替える。(寿柳聡)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ