スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11日の高校野球 岐阜

2021年7月13日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権岐阜大会(岐阜県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は11日、2回戦16試合があった。今大会初の延長戦があり、大垣養老が中津川工にサヨナラ勝ちを収めた。市岐阜商、岐阜工、県岐阜商、大垣商はシード校の実力を発揮した。大会は17日に再開し、2回戦14試合を予定している。

     ◇

 2―2の同点で迎えた延長十回裏2死一塁。大垣養老の2番打者伊藤真尋(まひる)選手(3年)が打席に立った。

 3球目で一塁走者の奥田勘太郎選手(2年)が二盗に成功した。次の球は「直球で力勝負に来る」。狙っていた外角の直球を右中間にはじき返し、サヨナラ勝ちを決めた。

 延長戦は想定内だった。昨秋の県大会は3回戦で大垣商にタイブレークの末に敗れ、今春の西濃地区予選では敗者復活戦を含め、海津明誠戦と大垣西戦の2試合をタイブレークで落とした。小俣太志監督は「夏の大会もロースコアの接戦になる。しっかり準備を」と指示。ユニホームやアンダーウェアの着替えも用意して臨んでいた。

 監督の言葉通り、この日の中津川工戦も息詰まる接戦だった。一回に3番打者松井大星選手(3年)の適時二塁打で先制するも追いつかれ、六回に勝ち越したが再び追いつかれた。粘り強く戦ってきただけに、延長戦に突入しても、チームは「予想通りの展開。ここから勝つぞ」と奮い立っていた。

 伊藤選手はここまで無安打。「何とかしてチームに役立ちたい」と延長十回の打席に立った。自分でも「長距離打者ではない」と自覚があった。冬から春にかけ、1日5食を心がけ、10キロ近く体重を増やした。体の成長にともない、逆方向に強い打球をはじき返せるようになっていた。「せめて塁に出れば、松井が後ろにいる」。思い切って打席に臨んだ。

 劇的勝利にも満足していない。伊藤選手は「次も、来た球に逆らわず打ち返す打撃を心がけたい。チーム初の4強を果たしたい」と力を込めた。(板倉吉延)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ