スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 長野

2021年7月13日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権長野大会(県高野連、朝日新聞社主催)は11、12日に3回戦8試合があり、16強が出そろった。松本国際が松本深志にサヨナラ勝ち。松本第一は諏訪清陵を破った。佐久平総合技術は初の16強入り。4回戦8試合は14日、4球場で予定されている。

     ◇

 九回表2死一、二塁。長野吉田の小林倭人(やまと、2年)が投じたカーブが甘く入り、痛打された。二塁走者が生還し、勝ち越された。「さすがだなと思いました。良いところに行ったと思ったけど……」と振り返った。

 前日の試合は劣勢だった。4点を取られていたが、雷雨の影響で一回裏途中で中止に。長野吉田にとっては恵みの雨だった。

 仕切り直しとなったこの日の試合。流れをつかもうと、長野吉田は夏の大会で初登板の小林にマウンドを託した。183センチの身長から投げ下ろす右腕の本格派。直球で押す投手だ。普段は中継ぎで投げることが多く、「朝に伝えられて緊張していた」と話すが、やるしかないと、思い切り腕を振ることに決めた。

 三回まで毎回2人以上の走者を出す苦しい立ち上がり。それでも「先輩たちが『楽に行け』と言ってくれた」。3年生が後ろにいると思うと安心できた。

 試合は中盤まで長野吉田が1点リードの展開。しかし長野西のエース、渡利泰成(3年)が救援した四回途中から無四球1安打に封じられた。渡利は直球と変化球を半分ずつの割合で織り交ぜて好投した。小林は「試合はすごく刺激になりました。自分も変化球で的を絞らせないような投球をしたい」と秋以降の雪辱を誓った。(高億翔)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ