スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11、12日の高校野球 宮崎

2021年7月13日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権宮崎大会(朝日新聞社、県高野連主催)は11、12日、ひなたサンマリンスタジアム宮崎とアイビースタジアムで1回戦計10試合があった。11日は2年前の夏の覇者の富島が鵬翔との実力校対決を制した。宮崎第一の竹田飛鳥投手(3年)は六回コールドの参考記録ながら「完全試合」を達成した。12日は接戦の末、都城商、高鍋の伝統校が姿を消した。13日は2回戦6試合が予定され、シード校が登場する。

     ◇

 3年生ばかりの部員9人の福島は4人が「助っ人」。1点を追う二回裏。その助っ人たちが躍動した。

 1死一塁。バスケットボール部から加入した平山悠雅君が右前打で一、三塁と好機を広げると、サッカー部から加入した有川叶夢(かなむ)君が打席に入った。

 ファウルで粘って2ボール2ストライク。5球目の直球を振り抜くと、ふわりと上がった打球は左翼手の前にぽとりと落ちた。公式戦初安打が同点に追いつく貴重な適時打に。その後、満塁から押し出し四球で平山君が1点を勝ち越すホームを踏んだ。

 昨年の独自大会は14人で勝ち上がり、シード校も破って8強進出を果たした。だが、新チームはわずか5人。連合チームも選択肢の一つだが、吉田雄飛主将は単独のチームにこだわって声をかけまくった。

 サッカー部ながら野球経験のある牧野広樹君が応え、続いたのが有川君と上田慎君だった。9人で本格的な練習ができたのはわずか1カ月だったが、星原貴浩監督は「100点満点。ゴロもフライも捕ってくれた。単純なプレーのすべてがうれしかった」。

 有川君は「野球部のために野球部員として出場できてうれしかった」。吉田主将も「一瞬でも『勝てるかな』と思えた。一生の思い出に残る試合だった」。みんな笑顔で球場を後にした。(平塚学)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ