スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月11日、12日の高校野球 岡山

2021年7月13日04時00分 朝日新聞デジタル

 岡山大会は11日に1回戦7試合、12日に同2試合があった。一昨年の代表校・岡山学芸館が作陽を破り好発進したほか、岡山商大付や岡山東商、就実などが2回戦へ進んだ。12日は雨のために5試合が中止となり、いずれも13日に順延。これに伴い、13日以降に予定されていた試合は1日ずつ延びる。予備日だった19日にも試合をするため、準々決勝以降の日程は変わらない。

     ◇

 昨夏の独自大会をコロナ禍で辞退した岡山白陵にとっては、2年ぶりの夏の公式戦だった。「先輩たちの分まで勝ちます」。エースの掛谷(かけや)英鉄君(3年)は11日の明誠学院戦を前に、昨年の主将だった先輩へLINEを送った。

 だが、肩の状態は本調子ではなかった。2月の練習中に右肩を脱臼。春の県大会地区予選は投げられなかった。その後も十分練習できず、5月の大型連休明けからは感染再拡大を受けて部活がストップ。明誠戦の前には「点を取られたら、代えて下さい」と竹内和広監督に伝えていた。

 初回、制球がままならず先頭打者に四球。ペースに乗れない。中学から6年間バッテリーを組む藤尾俊輔君(3年)は掛谷君に何度も駆け寄った。「力を抜けば大丈夫。ちゃんとアウトが取れるから」。だが力を込めれば込めるほど肩の痛みが増した。1死をとり、押し出し四球で先制を許したところで降板した。

 一方の藤尾君は「失敗を恐れずやろうとみんなに伝えたい」と必死だった。二回、二塁盗塁を狙った相手の1番打者を、鋭い送球で刺した。一塁手へ守備位置を変えていた掛谷君は、その気迫に驚いたという。

 1人の走者も出せず、5回コールドで最後の夏は終わった。掛谷君は試合後、目を真っ赤にして「後輩たちにこの悔しさを晴らしてもらいたい」と言った。そして「最後にマスカットのグラウンドを踏めてうれしかった」と、仲間らへの感謝を口にした。(雨宮徹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ