スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月10日の高校野球 香川

2021年7月11日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権香川大会(香川県高校野球連盟、朝日新聞社主催)が10日、開幕した。高松市のレクザムスタジアムと丸亀市のレクザムBP丸亀で1回戦計5試合があり、香川高専高松が延長十三回タイブレークの末にサヨナラ勝ち。小豆島中央は八回に一挙7点を奪って逆転勝ちした。11日は両球場で計6試合、12日は高松で2試合が予定されている。

     ◇

 両チーム無得点の三回表一死一塁。三木は犠打で二死にしながらも、得点圏の二塁に走者を進めた。次は3番打者で主将の掛谷守悠君(3年)。「うちの得点源」という谷豊監督の期待が表れた采配だった。

 掛谷君は集中力を高め、打席へ。内角に入ってきた直球を振り抜くと、左翼手の頭上を越える先制の適時二塁打となった。この日の先発投手は小学生の頃からバッテリーを組む淵崎純正君(3年)。序盤を無失点で切り抜けていた投球に応えたい思いもあった。

 打撃が課題だった。昨夏までは「外野の前に打球を落とすのが精いっぱい」。基礎体力から見直し、秋から体幹を鍛える練習を毎日取り入れた。「やるからには」と徹底的に鍛えた。打球の飛距離が伸び、守備でも捕球から送球までの動きが安定した。

 そんな主将につられるように、他の選手も体幹トレーニングに励み、チーム力は底上げされた。春の県大会では5年半ぶりの公式戦勝利をつかんだ。「体幹では強豪校にも負けない」

 自信を持って臨んだ夏。掛谷君は2打数2安打2打点で、盗塁も決める活躍を見せた。しかし、相手打線の勢いを止められず、七回裏にコールド負けが決まると、悔しさがこみ上げた。

 試合後、涙で声を詰まらせた掛谷君は「自分たちを信じてやってきて、この夏は勝てると思えるところまできた。積み重ねてきたものは出せたと思う」と言い切った。(谷瞳児)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ