スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月10日の高校野球 山形

2021年7月11日04時00分

 第103回全国高校野球選手権山形大会は10日、2回戦の6試合があった。山本学園のエース菅井は7回17奪三振の好投で寒河江工を下した。山形中央や鶴岡東など有力校が勝ち進んだ。降雨のため、県野球場と新庄市民球場の第2試合は、共に11日に順延となった。

     ◇

 スコアボードの数字を見て目を疑った。球速140キロ。序盤3回は9者連続三振を喫した。対戦した山本学園の左腕、菅井信也投手(3年)の投球を目の当たりにして、寒河江工の武田隆之介投手(3年)は、ベンチで思わず笑ってしまった。

 「すげー」

 菅井君は、身長182センチから繰り出す速球が武器。一方の武田君は身長163センチ。どんなに力いっぱい投げても球速は120キロ台が限度。比べても仕方が無い。「自分らしさを出すだけ」だ。試合には敗れたが、制球力とスライダーを武器に8回を投げきった。

 スタミナ不足が課題だった。昨春、新型コロナ禍で部活が休止となっていた間、武田君はつい、家でごろごろ。漫画を読んだり、ゲームをしたり。そのツケは、秋に回ってきた。

 地区予選では先発した2試合で、どちらも逆転負けを喫した。七回ごろになると、疲れで踏ん張れなくなる。コントロールが乱れ、打ち込まれた。「このままじゃだめだ」。冬からは近くの山まで毎日走り、坂道ダッシュは20本。雪の日も、積もっていない道を探して走り続けた。

 努力のかいはあった。この日は、序盤こそ相手打線につかまったものの、低めに集めた投球が次第にさえるようになった。

 雨天による中断を挟んだ八回裏には、この試合初の三者凡退に抑えてみせた。与えた四死球は一つだけ。「負けたけど、達成感はすごいです」。そう語る表情は晴れやかだった。(福岡龍一郎)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ