スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月10日の高校野球 福島

2021年7月11日04時00分 朝日新聞デジタル

 福島大会は10日、2回戦10試合があり、昨夏の甲子園交流試合に出場した磐城と、今春の選抜大会の21世紀枠に推薦された相馬東のシード2校が初戦で敗れた。今春に統合された小名浜海星は、夏の初陣を白星で飾った。11日は2球場で2回戦5試合を予定する。

     ◇

 投手歴1年未満の磐城桜が丘のエース愛川政弥(3年)がシード校の学法石川を苦しめた。

 愛川が投手になったのは昨秋。新チームになって、「肩が強いから」と吉井一真監督が提案した。

 小学生で野球を始めたが、投手は初めてだった。まず磨いたのは変化球だった。大リーガーのダルビッシュ有(パドレス)や大谷翔平(エンゼルス)の動画を見て、変化球の握りを学んだ。投げ込む相手は近くのバッティングセンターにある、9枚の的を狙う「ストラックアウト」。コースを意識して投げ込んだ。

 この日の相手は春の県大会で敗れ、準優勝した学法石川。「コースに気をつけて投げた」と右上手投げから投げる直球とスライダーが四隅に決まり、七回まで2失点と好投。「スタミナが切れた」(愛川)という八回にスライダーが浮き、5安打5失点でコールド負け。

 試合後、学法石川の佐々木順一朗監督は「途中まで完璧に抑えられた」とたたえた。大学でも野球を続けるという愛川。「投手をもっと極めたい。そのためにもまずは受験勉強を頑張ります」。視線はすでに次の目標に向かっていた。(滝口信之)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ