スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月9日の高校野球 山形

2021年7月10日04時00分

 第103回全国高校野球選手権山形大会は9日、4球場で計8試合があった。春の県大会優勝の酒田南は有力校・山形城北に敗れ、春大会で8強に躍進した伝統校・山形東も初戦敗退。強豪・東海大山形や春大会4強の創学館は3回戦にコマを進めた。

     ◇

 酒田南が2点を追う九回、1死一、二塁。毛利有仁主将(3年)に打順が回った。「頼むぞ!」

 1球目は変化球。強振した。詰まった当たりは右方向へ。「ファウルになれ!」。走りながら祈ったが、打球は右翼手のグラブに収まった。その後、二塁走者の牽制(けんせい)死でゲームセット。高校最後の打席となった。「ふがいない……」。試合後、涙を拭った。

 この1年は苦難続きだった。昨秋の県大会では、まさかの1回戦負け。次戦を意識し過ぎ、足をすくわれた。主将として責任を感じた。応援してくれる奈良の家族に「初戦で負けてごめん」とLINEを送った。

 以来「周囲の評価を見返そう」「初戦負けの悔しさを忘れないようにしよう」が、合言葉になった。冬のつらいトレーニングが実り、チームは春大会で5年ぶりに優勝。でも、毛利君はけがで出られず、ベンチから優勝の瞬間を眺めていた。「プレーでチームを引っ張りたかった」。みんなが歓喜する間、1人唇をかんだ。

 第1シードとして挑んだ今大会は、昨秋以来の公式戦出場だった。意識せずとも身体はこわばる。5打数2安打だったが、好機にあと1本が出なかった。

 試合後、北川泰俊監督は言った。「人生これからやぞ」。今はこの悔しさを糧にするしかない。野球は、大学でも続けるつもりだ。(福岡龍一郎)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ