スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月9日の高校野球 宮城

2021年7月10日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権宮城大会は2日目の9日、昼過ぎから雨脚が強まったため、予定されていた2回戦9試合のうち7試合が順延となった。石巻市民と鹿島台中央の第1試合のみが行われ、仙台商と富谷がそれぞれ勝ち進んだ。名取―亘理・伊具は一回終了時点でノーゲームとなった。

     ◇

 再三にわたってピンチを迎えながらも、小牛田農林のエース日下陽斗(せきと)君(3年)は粘っていた。

 四回表、四球を出して2死一、二塁となると、すかさずバッテリーを組む捕手の紺野隼暉(としき)君(3年)が駆け寄ってくる。「自信持って投げろ。最高のピッチングをすれば、絶対に三振取れる」

 小さくうなずいて、肩を大きく回す。3球目で遊ゴロに打ち取ると、仲間とグラブでハイタッチした。

 相手は強豪の仙台商だ。初回から得点圏に走者を背負う苦しい展開が続き、焦りが募った。

 「投げ急ぐな」「強い気持ちでいけ」

 そのたびに紺野君が駆け寄ってきてくれた。この日は4回ほど。このまめさが効いて、四回まで無失点に抑えた。

 八回に両足の太ももがつってマウンドを降りた。それからはベンチから身を乗り出して、後を託した後輩に声をかけ続けた。

 失点が重なり、試合はコールド負けに。「最後まで投げきりたかった」と涙がこぼれた。

 試合後、球場の外で片付けをしていると、紺野君がまた駆け寄ってきた。「今までで一番いいピッチングだった」。泣きながら褒めてくれたのが、うれしくてたまらなかった。(近藤咲子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ