スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月9日の高校野球 兵庫

2021年7月10日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権兵庫大会(県高野連、朝日新聞社主催)の第3日は9日、3球場で4試合が予定されていたが、県内に大雨警報が発令されたため、午後からの3試合が中止になった。明石トーカロ球場で1試合があり、小野が1―0で姫路に競り勝った。10日は7球場で14試合が予定されている。

     ◇

 この日唯一の試合は、緊迫した投手戦となった。

 小野の船瀬幸飛投手(3年)は、変化球でカウントを整え、勢いのある直球で空振りを奪う。姫路の前田大輝投手(3年)は、変化球を主体に打たせて取るピッチングを見せた。

 試合が動いたのは六回裏。先頭の船瀬君が初球をとらえ、中前安打を放つ。1死一、三塁と好機を広げると、打席には赤松克哉君(3年)が立った。

 監督のサインはスクイズだった。

 「やっぱりきたな」。気持ちの準備はできていた。これまでバントの練習に重点を置いてきた。「自分を信じて、気負わず集中していた」。一塁側へきっちり転がし、自らも生きる内野安打に。試合を決める貴重な1点となった。

 三塁走者の船瀬君は「決めてくれると信頼していたので迷わずスタートを切った」。赤松君は「エースの船瀬を少しでも楽にできたらと思っていた。結果的に決勝点になったが、本来はつなぎ役。練習の成果が出てよかった」と笑顔を見せた。

 敗れはしたが、姫路の前田大輝君も投げ抜き、被安打5に抑えた。「六回の先頭打者に投げた初球が悔やまれるが、それ以外は出し切った」と目を赤くした。(松永和彦)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ