スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月8日の高校野球 長野

2021年7月9日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権長野大会(県高野連、朝日新聞社主催)は8日、4球場で10試合があった。ウェルネス長野は初戦で長野に勝利したが、飯田は敗れ、シード校で明暗が分かれた。中野西は今大会初のタイブレークを制した。2試合が雨天で順延。9日は4球場で10試合を予定している。

     ◇

 バットを右肩に担ぐように構え、左足を大きく上げる独特の一本足打法。長野の4番打者、堀内貫太(3年)が六回、右前に鋭い安打を放った。武田圭弘監督も認める「練習の虫」だ。

 2年生から主軸打者の「4番」を任され、誰よりも遅い時間まで打撃練習をした。投球マシンを相手に何球も打つ。「チャンスを何回もつぶしてきたから」だ。その毎日の積み重ねから、バットでボールを一番うまくミートできるという今の打撃フォームが生まれた。

 マネジャーの石川杏(3年)は、堀内を「素直な良いヤツ」だという。練習試合の後も、休みの日も、テスト期間中も、堀内はボールを打ち込んでいた。マネジャーの仕事にも感謝してくれる。「貫太にはゴールがなくて、常に上を求めているんだなぁって。練習量も姿勢も、本当にすごい」と話す。

 Bシードの私立、ウェルネス長野との対戦は長野にとって待望の試合だった。昨秋の公式戦で長野日大と上田西に敗れ、「打倒私立」を目標としてきたからだ。堀内も「楽しみで仕方なかった」。その大事な試合で堀内は、先制を許した二回の守備で送球ミスを2回。直後の第1打席は、その回の先頭打者だったのに、三振に倒れた。

 それでも堀内は、送球ミスの後、内野に近づいて投手の小嶋凌生(3年)に謝った。三振の後は、次の打者にすかさず助言した。素直で努力家で良いヤツ。打倒私立の目標は達成できなかったが、大学でも野球を続けるつもりだ。「最高の3年間。またチームで主軸になりたい」。赤くなった目から涙があふれた。(高億翔)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ