スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

感染防止策徹底、観戦者を限定 徳島大会10日開幕

2021年7月9日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権徳島大会(徳島県高校野球連盟、朝日新聞社主催)が10日、開幕する。新型コロナウイルスの感染防止対策に全力を尽くしつつ、2年ぶりの甲子園切符をかけて29校が参加。26日の決勝まで熱戦を繰り広げる。

 今大会は、入場行進などの開会式や、恒例の始球式は一切実施しない。代わりに10日の第1試合・阿南高専―池田戦前に、両校の選手と大会役員らによる簡素な開始式を開き、板野の林優主将が選手宣誓を行う。

 試合中もベンチ内の選手や監督らはマスクを着用。大声を出したり、ハイタッチや握手をしたりする行為は慎む。球審もマスクかマスクシールドを使用する。また、熱中症対策として、ホースミストに加え、両チームのベンチ裏にスポットクーラーを設置する。

 会場のオロナミンC球場(鳴門市)で観戦できるのは、控え部員や保護者、生徒・教職員、OB会・後援会らに限定。1試合ごとの入れ替え制とし、マスク着用・検温のうえ、間隔を空けて座り、声を出す応援は自粛してもらう。

 今大会の審判委員、公式記録員は次のみなさん。(敬称略、順不同)

 【審判委員長】松浦理夫

 【審判副委員長】森本茂通、木下敬二

 【審判委員】古西喜久雄、松島利之、森下謙介、佐古辰夫、上田剛、東田球人、西野泰弘、福谷貴弘、岡田正幸、桝田達也、岸上修三、尾崎勇治、森本博通、枝澤弥希、蔵本英治、栗栖孝雄、佐竹正輝、藤岡勇斗、岩佐拓真、森口丈暢、古田翔大、村井巨志、岡本拓也、加盟校野球部長・監督

 【公式記録員】中尾美登里、長尾あけみ、栗栖美穂、武田博史、中村公大、森河丈志、堀筋泰子、山本静、前川智子、小西沙弥、岡久将太、武市麻矢、和田彩花

 ■テレビ・ラジオ

 テレビトクシマなど県内のケーブルテレビ各局は、今年も1回戦から準々決勝までの全試合を生中継。また、準決勝、決勝を含め、連日午後7時から録画放送する予定。

 四国放送とNHKは、ともにテレビで決勝を生中継する(四国放送は決勝が27日になった場合は録画放送)。ラジオは四国放送が準々決勝~決勝、NHKが準決勝と決勝をそれぞれ生中継する。

 ■ネット中継

 今夏の徳島大会は、1回戦から決勝までの全試合が、朝日新聞社と朝日放送の総合情報サイト「バーチャル高校野球」(https://vk.sportsbull.jp/koshien/別ウインドウで開きます)でライブ中継される。新型コロナウイルスの感染防止対策として一般の高校野球ファンがオロナミンC球場に入場できないことに配慮し、全国どこからでもパソコンやスマホで球児たちの熱闘が観戦できるようにした。

 なお、バーチャル高校野球は今夏、各都道府県で開催される第103回全国高校野球選手権大会の地方大会のうち、徳島をはじめ29大会で全試合を中継するなど、全体の約6割にあたる2400試合以上を中継する予定だ。

 ■熱球ダイヤル

 高校野球ファンに地方大会の試合経過を電話の音声でお知らせする「熱球ダイヤル」。自動音声に従って番号を押す。

 徳島大会速報 0570・01・7289(全国共通)→「39♯」

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ