スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月8日の高校野球 大分

2021年7月9日04時00分 朝日新聞デジタル

 大分大会は4日目の8日、別大興産スタジアムで1回戦3試合があった。大分高専は、18安打の猛攻で日田三隈に快勝。別府鶴見丘は大分東にコールド勝ちし、7年ぶりに初戦を突破した。雷雨のため第2試合の開始が遅れ、ナイターになった第3試合は、日本文理大付がわずか5安打で杵築にコールド勝ちした。9日からは2回戦が始まる。

     ◇

 日田三隈の和田麟太郎選手(2年)が一塁の守備につくと、エースの球は相手打線にはね返され、4点を先取された。

 「頼んだ。すまん」。伊東海輝投手(3年)が一回表1死一塁でマウンドを託したのが和田選手だった。「しっかり抑えてチームを勝たせないと」。2者連続でアウトを取り、嫌な流れを断ち切った。

 裏の攻撃では、三番打者として狙っていた直球を左前にはじき返した。敵失を誘い1点を返す。自身も味方の犠飛で生還し、2点差に詰め寄った。

 四回2死まで投げると、今度は捕手の梶原匠主将(3年)と入れ替わった。「中学の頃から人数が少なく投手も捕手もしていた。主将の球の切れを生かそうとリードした」という。

 五回表にはセンターからの送球を受け、本塁で相手走者を刺す好プレーも。「春の大会はライトの送球をこぼしてアウトにできなかったので、絶対に取ってやろうと思った」

 布木朝也監督は「器用で賢く計算が立つ。期待通りの活躍」と振り返る。

 「坊主でも長くても、バットを振って試合で活躍したいのは一緒」と髪は刈り上げずに臨んだ。

 コールド負けを喫したが、「まだ終わった気がしない」。チームの選手は全部で10人。1年生はいない。今後の試合には合同チームで臨むことになる。「3年生にはたくさん練習に顔を出してもらい、また一緒に野球をしたい」(宮野拓也)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ