スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月7日の高校野球 福岡

2021年7月8日04時00分

 福岡大会は2日目の7日、6球場で1、2回戦計12試合があった。北九州市立は3―2で東海大福岡に逆転勝ちをおさめ、北筑と光陵は5―4で延長戦を制した。選抜大会8強の福岡大大濠と春の県大会準優勝の真颯館も3回戦に進んだ。

     ◇

 攻撃の時には、バットを片付ける控え選手「バットボーイ」として駆け回り、守備の時にはベンチから声を出し続けた。北九州市立の主将、野間口裕璃(ゆうり)君(3年)は東海大福岡との試合で陰から仲間たちを支えた。

 背番号6の正遊撃手で、攻守の要。だが6月下旬に体調を崩し、練習できない日が1週間ほど続いた。この日も試合前のシートノックに参加したが、「調子が完全ではない」と、ベンチで見守ることになった。

 先発メンバーから外れることが決まると、バットボーイを志願した。次打者らに相手投手の配球など気付いたことを助言する機会が多く持てるからだ。

 「低めの変化球を振らされている。思い切って捨てていこう」「3年間やってきたことを信じて振り抜け」。主将の言葉に背中を押された仲間たちが逆転勝利をもぎ取ってくれた。「みんなを信じていた。次の試合はプレーでみんなに貢献したい」(吉田啓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ