スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

球児の熱闘きょう開幕 全国高校野球選手権宮城大会

2021年7月7日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権宮城大会(宮城県高野連、朝日新聞社主催)が7日、楽天生命パーク宮城(仙台市宮城野区)で開幕する。6日には、開会式のリハーサルが行われた。

 式で司会を務めるのは、仙台三桜の阿部采花(あやか)さん(3年)と仙台三の鈴木大翔(ひろと)さん(3年)。昨年1月に第102回大会の司会に選ばれたが、コロナ禍で大会が中止になった。

 阿部さんは「2年ぶりの大会に挑む球児の気持ちも乗せて、明るく読みたい」。同じクラスに野球部員がいるという鈴木さんは「必死に練習する姿を見てきた。皆が全力を尽くせるよう、元気よくアナウンスして盛り上げたい」と意気込んだ。

 式で国歌を独唱する、常盤木学園音楽科の丹治聡美さん(3年)は「先輩が独唱する姿を録画で見て以来のあこがれの舞台。球児全員に届くよう、会場全体に響かせたい」と話した。

 今大会は、球場の規模に応じて人数制限した上で、1回戦から観客を入れて行う。マスクの着用が必要で、球場受付で氏名や住所などを記入し、検温と消毒をする。入場料は大人600円(65歳以上300円)、高校生以下は無料。(近藤咲子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ