スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月4日の高校野球 兵庫

2021年7月5日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権兵庫大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の第2日は4日、5球場で1回戦10試合があり、全国選手権出場経験がある加古川北が龍野北に競り負けた。大会は4日間試合がなく、1回戦6試合がある9日に再開する。

     ◇

 2点を追う八回裏1死、市伊丹の4番、小野田泰成主将(3年)が振り抜いた打球は、三遊間を抜けた。左前安打。この打席まで、いずれも好機で3三振だっただけに、なんとか意地を見せることができた。

 大切な宝物がある。前主将から譲り受けた白色のバッティンググローブだ。

 捕手として出場した昨夏の独自大会1回戦。延長十回、タイブレークの末に競り負けた。「これを使って頑張って1勝してくれ」。前主将から夏1勝の願いとともに託されたバッティンググローブだった。

 春の県大会まで使い続けたが、手のひらのあたりまで大きく破れて使えなくなった。この日は代わりのバッティンググローブで打席に立ったが、今も大切に持っている。

 「昨年の先輩たちの悔しい思いも背負って1勝を目指したが、かなわなかった。好機で打てなかった悔しさは残るけど、最後に1本打ててよかった」(松永和彦)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ