スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

全29試合すべて雨で順延 新たな日程に 千葉大会

2021年7月2日09時00分

 第103回全国高校野球選手権千葉大会(県高野連、朝日新聞社主催)第2日は1日、雨のため、10球場で予定されていた1回戦計29試合のすべてが中止となった。

 中止に伴って新たな試合日程が発表された。1回戦29試合は2日に順延。そのうち、ZOZOマリンスタジアムで予定されていた3試合は、第一カッター球場で行われる。

 2回戦は、当初の日程が1日後ろ倒しになる。3、4日に計57試合、期末試験による休養日を4日間挟み、9日に残りの7試合を行う。2回戦のうち6試合が、球場や試合開始時間が変更される=表=。

 3回戦は、10、11日の予定。そのうちゼットエーボールパークで予定されていた3試合が、長生の森球場で行われる。

 今後の天候によってはさらなる変更の可能性がある。変更後の日程は県高野連のホームページ(https://chbf.or.jp/別ウインドウで開きます)で確認できる。(竹中美貴)

 ■2回戦で球場や試合開始時間が変更になった試合

・船橋二和―拓大紅陵(3日船橋球場、午後2時~)

・犢橋―君津青葉(3日長生の森球場、午後2時~)

・国分―安房拓心(3日成田大津谷球場、午後2時~)

・(鴨川令徳―市川工の勝者)―千葉学芸(4日袖ケ浦球場、午前11時半~)

・(市銚子―西武台千葉の勝者)―専大松戸(4日袖ケ浦球場、午後2時~)

・中央学院―(一宮商―松戸国際の勝者)(9日第一カッター球場、午後2時~)

※太字が変更になった箇所

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ