スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月30日の高校野球 富山

2021年7月31日04時00分 朝日新聞デジタル

 富山大会は30日、富山市民球場で決勝があった。春の県大会と同じ顔ぶれの対戦は高岡商が高岡第一を破り、4大会連続で21回目の夏の甲子園出場を決めた。全国選手権は8月3日に抽選会があり、同9日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する。

     ◇

 「打たせていいぞ」。六回表、1死一、二塁のピンチ。野手から届く声に、高岡商のエース川渕恒輝君(3年)は気持ちが楽になった。4球目をはじき返されたが、遊撃手の石黒和弥君(同)が好捕し、併殺。バックが支えてくれたお陰で、この回を無失点で切り抜けた。

 秋の北信越大会ではコールド負けし、球種を増やそうとカットボールを覚えた。同時に「気持ちで負けないようにしたい」。攻めの投球を心掛けた。

 今大会では準決勝まで25回を投げてわずか1失点。準決勝の富山商戦では10奪三振で完封と、エースにふさわしい活躍をみせた。

 決勝の相手は、全試合を2桁安打で勝ち上がった高岡第一。春の県大会決勝では負けているが「どこが相手でも自分の投球をするだけ」。目の前の打者に集中するようにした。

 中盤までは、磨いたスライダーやカットボールが低めに決まった。的を絞らせず、毎回のように三振を奪う。一回を三者凡退で抑えると、裏の攻撃で自ら適時打を放った。エースの活躍がチームを勢いづけた。

 七回、疲れのせいか球が高めに浮き始める。4失点で降板したが、エースとして責任は十分果たした。降板後は一塁を守り、八回にはフライを好捕した。

 試合後、マウンドに駆け寄ってチームメートと喜びを分かち合った。「仲間を信じて攻めの野球ができた。甲子園はあこがれの場所。高商らしい野球を貫きたい」。夢の舞台でのさらなる活躍を誓った。(井潟克弘)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ