スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

ノックもこなす車いすのマネジャー 野球からもらった夢

2021年7月13日17時15分 朝日新聞デジタル

 「そこ捕れたんちゃうん?」「もっと早くボールに反応して」。氷上西高校(兵庫県丹波市)のマネジャー山崎愛由武(あゆむ)君(2年)は、仲間のエラーにも遠慮しない。

 自らも60センチほどのひときわ短いノックバットを操り、鋭い打球を次々と繰り出す。昨年12月に監督がくれた相棒。これなら車いすの自分も十分に振ることができる。

 もっとうまくなりたい。もっとチームのためになりたい。仲間が、あの言葉をくれるから。

     ◎

 筋ジストロフィー。生まれつき足の筋力が弱く、走るのは苦手。転ぶことも多かった。スポーツからは距離を置くようにしていた。

 小学5年の時、二つ年下の弟の練習を見た。代打で出た時の表情に、はっとさせられた。「絶対打つぞ」。年上の相手投手にもひるんでいなかった。

 野球って、いいな。

 弟の練習を毎回見に行くようになった。スコアが付けられるようになればベンチに入れると聞いて、母と勉強した。

 本当は、中学から野球部に入りたかった。「練習の邪魔になるかも」。おじけづいてしまった。

 そして、中1の秋。いつものように転び、右足をくじいた。

 1週間ほどで終わるはずだった車いす生活。でも、終わらなかった。

 できないことが増えた。「車いすのくせに」と言われるのが怖くて、言えなくなることも増えた。

 自分は受け入れてもらえないんじゃないか。いつも、びくびくしていた。

 自分から心は開かないのに、誰かに話しかけてもらうのを待つ日々。ふだん話す声も小さくなった。そのまま中学生活が終わった。

 高校生活も普通でいいや。そう思っていた。

     ◎

 部員ゼロ。休眠状態。

 入学してしばらく経った頃、そんな野球部の再始動に向け、新任の藤田喜継(よしつぐ)監督(38)が部員集めから始めたと知った。

 昨年6月の昼休み。一緒にご飯を食べていた同級生の芦田哉太(かなた)君と、プロ野球の話で盛り上がった。

 「野球、興味あるん? なら一緒にせえへん?」

 戸惑った。「邪魔になって、迷惑かけるかも」。中学の時と同じ不安が口を突いた。

 「好きなら一緒にやろうよ」。後にチームメートになる同級生は、気にもしていないようだった。

 見学に集まり、入部を決めた1年生12人のうち8人が野球初心者。そんな部員1人ひとりを丁寧に指導する藤田監督の姿を見て思った。「自分もここで野球を学びたい」

 藤田監督の言葉も大きかった。「車いすだからって気にせんでええ。できることはいっぱいある」

 まずは再び野球の勉強。スコアの付け方。プレーのコツ。仲間は初心者ばかりだから、ルールを尋ねられることも多かった。

 昨年9月からはノッカーも任された。最初はボールが飛ばなかった。でも短いバットが解決してくれた。

 僕って必要とされているかも――。初めての感覚が芽生えた。

 初めて挑んだ昨秋の地区大会は、51点とられて5回コールド負け。それでも、だんだんチームはレベルアップしてきた。

 もう一つ上をめざすため。何ができるか考えた。

 昨年11月23日、チームのグループLINE(ライン)にこんな投稿をした。

 《今日の試合を振り返って。反省点、守備時のボールを取るときの声かけ》

 《良かったところは、走塁時にワンバンで走ったりピッチャーの動作を見て走れたこと。攻撃時にランナーを貯(た)めることが出来たこと》

 《今日の課題をこれからの練習で生かしていこう!!》

 プレーできない自分にとって、勇気がいる投稿だった。「車いすなのに何言ってんだ」と言われることも覚悟した。

 ピロン。少し時間が空いて返信が続いた。

 《ありがとう》

 《ナイスコメント、ありがとう》

 それからは仲間にLINEで、アドバイスすることが増えた。10個以上の《ありがとう》をもらうこともある。

     ◎

 高2になって、クラスでは委員長になった。自分で手を挙げた。クラスメートにも積極的に話しかける。

 「今までの自分では考えられなかったこと。あの『ありがとう』が後押ししてくれた」

 野球から、将来の夢ももらった。

 プロ野球や五輪の公式記録員になって、ずっと野球に携わり続けたい。

 「同じく車いすに乗っている人に、車いすでもこんなことができるんだって、勇気を持ってもらえたら」

 だから、この夏は生まれたばかりのチームと一緒に戦い、一緒に成長したい。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ