スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

夏の岡山大会、58校参加 一般客は3回戦から

2021年6月25日09時30分 朝日新聞デジタル

 岡山県高校野球連盟は24日、第103回全国高校野球選手権岡山大会(朝日新聞社、県高野連主催)の詳細を決めた。新型コロナウイルスの感染対策をとったうえで予定通り7月10日に開幕し、決勝は25日。58校が参加予定で、6月26日に組み合わせ抽選会がある。

 昨年の第102回大会はコロナ禍の影響で中止となり、県高野連が独自に原則無観客の大会を開いた。

 今大会も感染防止のため、1、2回戦は原則無観客とする。部員の家族(5人以内)やブラスバンド以外の学校からの応援は認める。3回戦からは観客を入れる。2回戦まではマスカットスタジアム、倉敷市営球場、エイコンスタジアムの3球場を使うため、感染対策の徹底が「(県高野連側の)人数的に厳しい」と判断した。

 3回戦以降、一般客には事前に県高野連のホームページなどで「入場申込用紙」を入手、持参してもらい、球場でチケット(大人700円)を販売。再入場は原則認めない。マスクの着用と2メートル程度の間隔を空けるようにする。感染が再拡大した場合は、無観客に切り替えることも検討する。

 応援は拍手のみにし、メガホンの持ち込みは認めるが、たたくだけとする。合唱やハイタッチ、得点時などで1カ所に集まるのは控える。抽選会は主将と部長のみが出席して行う。

 開会式は10日の開幕試合前にマスカットスタジアムで行うが、詳細については引き続き検討する。18日にかけて3回戦までを終え、8強が出そろう。20、21日の準々決勝4試合、23日の準決勝2試合、25日の決勝はいずれもマスカットスタジアムである。(雨宮徹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ